BLOG

  1. HOME
  2. ブログ
  3. column
  4. ノンシリコン

ノンシリコン

「ノンシリコンっていいの?」って
最近、聞きあきました!(笑)
いちばん良く聞かれます…
  
毎日のように…
なぜ、こんなことになってしまったのか?
ツ〇キやアジ〇ンスなどの市販のシャンプーに大量にシリコンが入っていることにより
カラーやパーマが、かかりにくくなるので
美容師が「シリコンはダメ!」って言いすぎた為です
美容室のモノでもシャンプーに入ってなくてもトリートメントには結構入ってます
市販のモノではシャンプーにも添加されてる物もあります。これはあまり感心できません
ノンシリコンシャンプーと謳いトリートメントにガッツリ入ってるような
だまし討ちのようなものも多いです。
ちなみにシリコンとは、簡単に言うと皮膜コーティング剤で指どおりが良くなったり
ツヤが出たり…更に言えば、安価で成分安定性に優れ毒性も少なく
熱にも強い優秀な物質です。
みなさんが使う化粧品やファンデーションなどにも普通に入ってますよ(笑)
あまり怖がることはありません。
では、なんでそんなに悪者かと言うと…
シリコンが悪いのではなく
美容師にとって都合が悪いからです!
それを美容師が半端な知識でお客さんに悪いものだと思い込み、それを植え付け
今度はそれを逆手にとったメーカーが都合よく
ノンシリコンブームを作っただけです!
昨日までシリコンたっぷりにのシャンプー作ってたくせに!
まぁ、ビジネスなんで仕方ないですが…ただそれだけのことです
僕の見解では、シリコンが大量だったり、
トリートメントだけではなくシャンプーに添加してあったり
配合バランスの悪いもの(シリコンにも種類がたくさんあるので…)でなければ
使い道はあると云うことです
ただ、市販のトリートメントは配合バランスが悪いものが多く
やはり、カラーでムラになりやすいしパーマがかかりにくく、
落ちるのも早いのであまり勧められる物が少ないですが…
それも、少しではなく相当違うのでやはり市販のモノは避けられた方が良いと思います
びっくりするくらい違います。
結果、髪質や毛髪の状態によっても、合うか合わないは変わってくるので…
それに、シリコン以外にも残留性のある皮膜剤はたくさんありますし…
素人には自分に何が合うか分かりませんよね
なので、お任せしてる美容師さんがちゃんとお客さんの髪の毛を把握し、
その毛質と状態に合った正しいものをチョイス出来れば
なんの問題もないのです!
全ての美容師さんが、それをすれば消費者が商品選びに困らないのにね!
最後に…
あまりにも実験結果が酷かったので載せました
いつも、口で言うだけだと、「どうせ美容師的な細かいこと言ってるだけでしょ!」
とか思われてそうなので…
12トーンでカラーした髪の毛
(左)お店で使うごく普通のシャンプートリートメント5回洗浄 
(右)良くある市販で人気のシャンプートリートメント5回洗浄
CIMG1353_convert_20120203194858.jpg
そこに、同じ条件で普通にパーマ
CIMG1356_convert_20120203194940.jpg
結果…
CIMG1360_convert_20120203195006.jpg
右側(市販)のウェーブがダレてるの分かりますか?
正直ここまで差が出ると思わなかったです!酷過ぎ…
このまま、自然乾燥。
CIMG1361_convert_20120203195049.jpg
右側(市販)ウェーブはムラに掛かるとバラけてしまいます。
束感出ずにバサバサです
これで、「あの美容院でパーマしたら変になった!」はヒドくないですか?(汗)
本当に、普段使ってるモノでこんなに差が出るんです
お店ではコーティング剤をはがす努力は極力しますが、それでもはがれないくらい
な代物なのです。
カラーリングの場合も色がムラになります。放置時間時間も長くなります。
薬も強くなります。
そして痛みます…
お客さんにとって、いいことありません…
なので、変なモノは使わないようにしてくださいね~
安くていいものも結構ありますよ~

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。